炭酸パックについて

【泡・ジェル・シートタイプなど】効果が気になる⁉︎ 種類別炭酸パックの実力とは…?

エイジングケアに欠かせないアイテムとして注目の「炭酸パック」。
ひとくちに炭酸パックといっても様々なタイプのものが売られています。
手軽に使えるものからプロ仕様の本格的な効果が見込めそうな商品まで様々。

予算や効果、目的にあった炭酸パックを選ぶ参考になれば幸いです。

炭酸パックの種類

大まかに、泡、シートタイプ、ジェルタイプ、はがすタイプがあります。

泡

ボトルを振って泡を出すタイプ。

炭酸洗顔、炭酸クレンジングなどの商品にも応用されています。

パックにおいてコスパが良く手軽な商品はこのタイプが多いですが、すぐに気化しやすいのが難点。
「高濃度」状態の炭酸を一定時間肌に送り込むことはまず難しいです。

なので、できるだけしっかりとした泡がでるものを選びたいですね。

また炭酸と謳っておきながらLPガスのみを使用している製品は炭酸モドキですので注意してください。

シートパック

フェイスパック
シートパックのように手軽に使えるパックです。
持ち運びが楽で旅行先などでもパックをしたい人にはとても便利です。
長時間というよりも10分程度でパックをはがすというタイプが多くみられます。

ジェルタイプ

1剤のジェルと2剤のパウダーを混ぜて使うタイプが多いです。

ジェル

混ぜている際に炭酸がシューっと発生する音がわかりやすいので、炭酸を使っている実感が得られるのが特徴です。

メーカーによってはピリピリすることも多いです。

お顔に乗せて20分程度経ったら、洗い流し、その後いつもお手入れを行います。

はがすタイプ(ラクトン反応系など)

1剤のジェルと2剤のペースト状を混ぜて使うタイプが多いです。
エステやプロ仕様の炭酸パックはこのタイプが多いです。
多くの製品は「ラクトン反応」というものを利用しています。
これはどういう仕組みかといえば、ジェルの水分と反応して炭酸を均一に発生させるものです。
それに加えて、ジェルを表面から固まるので大気中に炭酸が逃げることがありません
ジェルタイプと異なり、混ぜる際にシューッという音は一切しませんので炭酸パックをしている実感は特にありません。
しかし、使用後のジェルは気泡だらけなので、これを見ると炭酸のパワーを実感できるのではないでしょうか。
およそ20〜40分程度までパック可能で、40分を超えると炭酸効果が薄れるものが多いようです。
洗い流さないので肌が弱い方でも使いやすいのではないでしょうか。

炭酸パックはどのような使い方が理想?

どの炭酸パックもそうですが、初めの1週間〜2週間は肌の基礎づくりのため連続使用することがおすすめです。
その後は2〜3日に1度でも十分に美しい肌が保てます。
初めから2〜3日に1度では十分な効果実感が得にくいです。
本来は毎日使用するのがベスト
生活のリズムなどを考慮してご自身にあった使用方法を検討してください。

まとめ

初めは毎日、あとはその肌を保つために使用すると考えると良いです。
美容予算との兼ね合いと効果実感を考えて、自分にあったパックを探してみてはどうでしょうか。
おすすめ

エステ級のお手入れをしたい方は単価は高くなりますが、ジェルタイプをおすすめします。

ただの炭酸パックと一言では済ますことができないほど選択肢があります。
あなたの予算や目的に合った炭酸パックを種類から決めるのも良いかもしれませんね。